中華

岡山駅前 中華料理 華光軒で、じゃじゃ麺3辛を滝汗で頂くも、餃子やゆで豚等のメニューも常連さんに大人気!

目安時間 11分
Pocket

【スポンサーリンク】

ずっと食べたかった、岡山駅前の中華料理 華光軒のじゃじゃ麺。

 

ようやく念願が叶い、初訪問で食べることが出来ました。

 

 

 

夜には会社の新年会。

 

それなら早めに出発して華光軒のじゃじゃ麺を、おやつ代わり?に食べておこう!とバスにて岡山駅前に向かいました。

 

不定休のお店で、行っても休みだった・・・なんて事も多いと聞いていたお店でしたが、あえて電話確認せずにドキドキ感をもって訪れることに。

 

 

 

15時20分、岡山駅前にバスが到着しました。

 

バス停からもスグなんですが、今回は岡山駅側のビックカメラのアーケードの方から入って行きました。

 

 

岡山駅を背にしてビックカメラ横のアーケードを入って、ビックカメラの建物が終わったら右を見ながら歩いていきます。

 

すると、少し行ったら、

 

 

赤いテントが見える、とても狭い路地があります。

 

そのまま赤いテントの方へ入って行くと、

 

 

 

この赤いテントと暖簾のお店が、中華料理 華光軒です。

 

見逃さないようにして下さいね。

 

 

この赤い暖簾が掛かっていない時は、残念ながらお休みっていうことになります。

 

私が店内に居るときに入って来られた、常連さんらしきお客さんも「開いてて良かった」と言いながら入って来られていました。

 

 

 

駐車場はありませんので、コインパーキングに入れるかして下さい。

 

イオン利用も一つの方法かも知れませんね。

 

 

15時30分に入店です。

岡山駅前の中華料理店 華光軒のメニューの多さに驚き少し迷うも、今日の目的はじゃじゃ麺3辛完食!

想像したよりもこじんまりとしたお店でしたが、カウンターに2人のお客さんがおられました。

 

座席は、丸椅子のカウンターが6席と、4人用テーブル1つ、そして2人用テーブルが1つだったかな。

 

 

私はこのカウンターではなく、2人テーブルに座らせてもらいました。

 

そして壁に貼られたメニューが・・・

 

 

こんなにたくさんのメニューが!!

 

と驚きつつ、これが手書きで書かれているのにも感心しました。

 

ちなみに金額は税込だと思います。

 

 

 

 

揚げワンタンや、豚肉の四川炒めなんていうのも美味しそうです。

 

えびのケチャップ煮っていうのは、エビチリとどう違うのか・・・なんて想像を巡らせました。

 

 

そして私が注文したのは、当初の目的通り、じゃじゃ麺。

 

おばちゃんが、「初めて?辛いのは大丈夫?」って聞いてこられます。

 

そして、「目安はね、CoCo一番館のカレーの10辛を食べたことがあれば、3辛は大丈夫」と教えてくれたので、3辛をお願いしました。

 

最近は食べていないものの、過去には10辛なんて平気で食べていましたからね。

 

 

じゃじゃ麺3辛でお願いします!

 

 

注文後に店内を見回すと、TV関係の方の色紙がたくさん壁に貼ってありました。

 

一番興味があったのが、私の席の隣に貼ってあったコチラ。

 

 

あの大食い女王のアンジェラ佐藤!

 

デカ盛りの店でも無いのに来られてたんですね。

 

 

いい匂いが漂い出しましたが、何か、この匂いだけで汗が出てくる感じ・・・・

 

華光軒は、じゃじゃ麺で人気となるも、餃子やゆで豚等の中華料理も常連客には大人気!

注文してから10分と少しくらいで、じゃじゃ麺が来ました~~。

【スポンサーリンク】

 

 

マジで!?

 

写真では見ていましたが、実物を目の前にすると、そのビジュアルに圧倒されました。

 

真っ赤です。

 

 

おばちゃんは笑顔で、よく混ぜて食べて下さいね、と優しく言い残して去って行かれました・・・・笑

 

 

 

混ぜる前にスープを確認。

 

 

うわっ、辛っ!!

 

見た目に負けない辛さでした。

 

 

CoCo一番館のスパイシーな辛さとは違い、こちらは豆板醤と唐辛子を基本とした辛さ。

 

華光軒独自の辛味も使っておられますが、花椒等は使っていないので、痺れ等はなく純粋な唐辛子の辛さです。

 

 

CoCo一番館では殆ど汗をかかなかった私の頭皮が、一気に開いて噴火寸前!

 

避難情報発令です。

 

 

混ぜ混ぜする前に、麺も見ておこうと思います。

 

 

細麺か中細麺のストレートです。

 

麺の硬さは、ちょっと柔らかめといった感じですが、歯応えはいいです。

 

 

そして、よく混ぜます。

 

 

もやしとキュウリの細切りがミンチ肉と浮き上がってきます。

 

超美味しそう~~~。

 

 

よく混ぜた麺をもう一度確認。

 

 

麺によく絡んでます。

 

 

最初辛いって思えたスープも徐々に慣れてくると、辛さと甘さを感じるようになってくる感じ。

 

少し柔らかめの麺に、もやしのシャキシャキ感とキュウリが程よい刺激を与えて、うまくまとまった感じで、食べやすくなっていますね。

 

 

 

スープ自体がトロトロなので、麺もスープでくっついて、団体さんいらっしゃい!のごとく口の中に運ばれてきますが、すべて胃袋へと運ばれていきます。

 

 

そして、直接丼からスープを飲んで約15分で完食!

 

 

今日もご馳走様でした。

 

 

大量の汗が噴き出して、テーブルの上のティッシュペーパーで拭き拭きしながら食べましたが、ティッシュの山が出来てしまいました 汗

 

おばちゃんに、ゴメンナサイと謝りましたが、全部スープを飲んだことを喜んでくれました。

 

 

 

辛いだけじゃなく、美味しさも追及されたじゃじゃ麺。

 

大切なのは美味しく頂くことですので、決して無理することの無いようにしてください。

 

 

 

私が退店する4時前には、常連さんと思われる4人がおられましたが、餃子やゆで豚に紹興酒等、本来の中華料理を楽しんでおられました。

 

華光軒は、じゃじゃ麺で有名にはなっていますが、本来の中華料理としても実は人気のあるお店だったんです。

 

次回は夜にじっくり紹興酒を飲みながら、餃子や他のメニューを楽しめたらと思いました。

 

 

華光軒の特筆すべきこととして、店主の大将と、奥さんのおばちゃんの存在は欠かすことが出来ません。

 

この二人の存在はこのお店の象徴と言ってもいいでしょう。

 

 

常連さんは、店に入って来られる時に、ただいまと家に帰ってくるような感じで入って来られるのを見て、そう思いました。

 

 

 

華光軒に来られる時は、是非このお二人の掛け合いも楽しんでください。

 

とてもいいお店でした。

 

華光軒

■ かこうけん

 

■ 住所:岡山市北区駅前町1-1-11

 
■ 予約・お問い合わせ:086-222-8239

 

■ 営業時間:

12:00~19:15

日曜営業

<定休日>不定休

【スポンサーリンク】
Translate:
ブログランキング参加中
人気の岡山ランチ
最新ツイート
カテゴリー
人気のタグ
MachiTag

MachiTagと提携しました
食道楽の岡山ランチと提携

詳しくはこちら⇒ MachiTagについて

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。