玉野市 備前田井駅から車で2分 2月オープンの【つるかめ食堂】は、「はまんど」を継承したラーメン店ながらも更なる進化を遂げていた!

今日の午前中は玉野市内での打合せで、11時から。

 

終わる時間が読めないので、ランチタイムを玉野市内か、岡山市内に戻ってからにするかを出発前に思案していました。

 

 

 

すると、2月に玉野市内でオープンしたラーメン店が、10時から営業しているとの情報をキャッチ!

 

これは、先に早めのランチを済ませてから打ち合わせに行けば、ちょうどいい感じ。

 

 

 

 

つるかめ食堂

 

 

 

 

先月13日にオープンしたばかりのラーメン店ですが、夜は居酒屋にもなるようです。

 

とりあえず先に、つるかめ食堂でラーメンを食べてから打ち合わせに行くことに決めましたが、このお店、調べてみると知る人ぞ知る「はまんど」を継承したお店だったんですね。

 

 

 

「はまんど」の大将は、ラーメン屋でありながら、第一回讃岐うどん王選手権で優勝し、初代讃岐うどん王の称号を与えられた方でした。

「盛の大将(もりのたいしょう)」のニックネームで、知る人ぞ知る店主だったんです。

 

 

「はまんど」を継承しているお店は、岡山市南区高崎に「煮干し専門店 六三ラーメン」がありますが、つるかめ食堂は六三ラーメンの店主のお姉さんが、盛の大将の教えを乞うて始められたとのことです。

 

(残念ながら、行きたいリストには入っていながら六三ラーメンは未訪問です)

 

 

 

これは超期待できますし、とても楽しみです。

 

本当にいいお店を見つけることが出来ました。

 

 

 

お店の駐車場に着いたのが、開店10分前の9時50分。

 

 

 

駐車場は敷地内に8台分のスペースがあり、お店の裏手の北側にも15台分確保されています。

 

 

 

 

北側の駐車場はお店の横の細い道を通って回ってくださいね。

 

 

 

少しお店の周りの写真を撮らせていただいている間に、10時になり暖簾が掛けられました。

 

スポンサーリンク

つるかめ食堂のラーメンは、煮干しの「中華そば」のみ!トッピングの味玉や、平日ランチの餃子や唐揚げのセットもおススメ

古民家風の建物の玄関の暖簾をくぐって入店しましたが、店内はとてもキレイです。

 

一番乗りの入店で、今のところお客さんは私一人。

 

 

 

 

靴を脱いで上がるのかなって思える玄関ですが、靴のまま上がって大丈夫みたいです。

 

 

テーブルやカウンターが3つの部屋にそれぞれ配置してあります。

 

 

入ってすぐの部屋には、カウンター席が5つと、4人用テーブルが2つ見えました。

 

私は真ん中の部屋の、厨房の前のカウンター4席の端に着座。

 

 

奥にもカウンターが4席と、4人用テーブルが1つか2つあったように思います。

 

 

 

そしてメニューです。

 

 

つるかめ食堂は、ラーメンは「中華そば」一本で勝負されているんですね。

 

ほのかに匂う煮干しが、もう美味しさを確信させてくれます・・・

 

 

  • 中華そば     690円
  • 麺大盛り     170円
  • チャーシュー増し 300円
  • 味玉入り     100円
  • ぎょうざ5個     290円

 

<平日のランチ>

  • 餃子セット    950円
  • 唐揚げセット   950円

 

 

ビール等のアルコール類や、もつ料理も提供されているようです。

 

特に「もつ」は美味しいようで、是非夜にも訪れてみたい!!

 

 

 

さて、注文ですが私はご飯は要らないので、中華そばと餃子をお願いしました。

 

すると、ご飯が要らなくても、「餃子セット」にした方が30円安くなりますよって店員さんに教えて頂いて、そちらに変更!

 

でも、このラーメンはご飯とも合うから、是非食べてみてとの事でご飯も頂くことにしました。

 

 

 

ちなみに、つるかめ食堂の中華そばの麺は、開発に4年かけていると聞いて期待度が更に上昇。

 

 

 

ダメもとで、平打ちの麺はありますか?

 

と聞いてみると、ありますよ!と嬉しい返事。

 

 

ただ、茹でるのに時間がかかるらしく、忙しい時間はやっておられないようですので、ご了承のほど・・・・

 

今回は、開店と同時だったので私一人だったから対応して頂けました。

 

スポンサーリンク

ひと口目で美味い!と言ってしまう、つるかめ食堂の煮干しスープの中華そばは、麺の喉越しも極上で完食&完飲!

注文してから5分と少しくらいで着丼です。

 

 

美味しそうな予感から、絶対に美味しいとの確信に変わる瞬間・・・・

 

 

 

 

黄金色のスープと輝く鶏油。

 

チャーシューとシナチク、そしてネギというシンプルさが、更に食欲を増幅します。

 

 

 

 

では、スープから頂いてみましょう!

 

 

思わず目を閉じてしまいました・・・・

 

美味しい。

 

鶏油に包まれて、研ぎ澄まされたような煮干しのスープが口中を支配します。

 

 

これは薄っすらと豚骨系の味もする?

 

伊吹島煮干しの出汁に豚骨の清湯と、Wスープですね。

 

あっさりしているのにコクがあります。

 

 

美味し過ぎますね。

 

 

 

 

ずっとスープを飲んでいたい気分ですが、麺にいきます。

 

 

平打ちの縮れ麺。

 

すすってやると、これまた極上・・・・・

 

 

口の中に入った瞬間、小麦の風味が広がり、ツルツルでモチモチの麺が喉を駆け抜けていきます。

 

さすがに4年の歳月をかけて完成した麺は、国産小麦も使用して文句無しの出来ですね。

 

 

少し硬めに茹でられていますが、これがバッチリです。

 

 

 

チャーシューも、このラーメンにはこのチャーシューしか無いでしょ!?っていう仕上がり。

 

 

低温調理されたチャーシューでしょうか(違うかも知れません)

 

 

スープに溶け込みつつ、しっかりと味わいを出していました。

 

 

 

 

いやぁ、これぞ渾身の一杯ですね。

 

 

 

美味しいラーメンに圧倒されましたが、一緒に注文した餃子も美味しかったんですよ!

 

 

焼き具合も抜群で、ジューシーさが堪りませんでした。

 

 

 

 

この餃子、食べる時に気を付けて下さい。

 

ジューシーゆえに、噛み切ろうとすると中のスープが飛びます!

 

ゆっくり噛み切るか、ハフハフ言いながらひと口でいっちゃってください。

 

 

本当に美味しい餃子でした。

 

ご飯と餃子、そしてご飯とラーメンと、食べるはずじゃなかったご飯も大活躍で、最後に残ったご飯はラーメンのスープの中に入れて頂いちゃいましたが、これまた最高。

 

 

確かに、ご飯と合うラーメンでしたね。

 

 

 

10時30分、完食&完飲にて、今日もご馳走様でした。

 

 

 

 

私も近いうちに六三ラーメンに行きたいと思いますが、店主が言われるには、どっちがいいとか美味しいとかじゃなく、つるかめ食堂のラーメンは六三よりもマイルドに進化しているそうです。

 

これは店主も言っておられましたが、好みだと思うので、六三ラーメンの訪問が楽しみになりました。

 

 

 

 

追記

盛の大将は一昨日までおられたそうで、お会いできなくて残念でした。

もつやきと中華そばの店 つるかめ食堂

■ もつやきとちゅうかそばのみせ つるかめ食堂

 

■ 住所:岡山県玉野市田井3-19-14

 
■ お問い合わせ:080-2948-0756

 

■ 営業時間:

<昼>10:00~14:00
<夜>18:00~20:00

<定休日>水曜日(祝日の場合は翌日が休み)

(Visited 136 times, 1 visits today)
ブログランキング参加中

この記事が面白かったり、お役に立てましたら、是非クリックしてお知らせください。

人気ブログランキング
更なる情報のアップに力が入ります!

おすすめの記事