洋食

岡山市東区 Casual French MOET (カジュアルフレンチ・モエ)のフレンチランチは1000円代!盛り付け・味・量とも全てに満足できるのが人気の秘密!

目安時間 13分
Pocket

【スポンサーリンク】

 

日曜日の今日は、嫁とのランチです。

 

先週に予約を入れるも、ランチは満席との事で断念したフレンチのお店。

 

Casual French MOET (カジュアルフレンチ・モエ)

 

 

今日も開店時間の11時に予約を入れようとしましたが、1時まで空いていないとの返事で、仕方なく1時でお願いしました。

 

 

カジュアルフレンチ・モエは、平日でも予約をオススメの店となります。

 

週末や休日になると、予約せずの入店は難しいかと思える人気のお店です。

 

 

お店の場所は、岡山市東区東平島で、平島小学校の向かい。

 

そう、昨年紹介した和食でおススメの「味家山崎」さんの棟続きの3軒隣になるんですね。

 

 

平屋の棟続きの建物ですが、目立たないながらも「和」と「洋」の人気店が並んでいるのは嬉しい!!

 

居酒屋の八剣伝も入っていましたね。

 

駐車場も共用です。

 

 

建物北側の共用駐車場は、14台くらいは停められそうな広さになっていますが、南側の駐車場も共用との事で、こちらが16台くらい停められたかと思いますので、合計で30台分くらいあります。

 

 

そして、北側駐車場に12時50分到着。

 

1時予約なので、5分待ってお店に向かいます。

 

 

東区東平島のフレンチカジュアル・モエのランチメニューは3種類!チキン、ビーフ&ポーク、魚介類から選択するも、金額はすべて1000円代でコスパ良し!

ドアを開けて入店してみると、

 

 

わーお、想像通り・・・・

 

「先週も予約さえ取れなかったけど、今回はギリで取れたのかもね。良かった・・・」

 

と嫁と話していると、店員さんが来られて席に案内してくれました。

 

 

すでに他のテーブルは満席で、少し驚きました。

 

 

 

テーブルに置いてある今日のメニューの裏には、

 

 

ランチは11時からと13時からの2部制になってるんだ・・・・

 

という事は、今座っておられる方は13時からの2部の方ばかり。

 

5分待たなくても、入っておけば良かったかな。

 

 

席数も思ったよりも少ないので、これはもう予約は必須ですね。

 

 

4人用テーブルが4つと、2人用テーブルが1つのみとなっています。

 

もしかすると、組み合わせで4人用と2人用をくっつけて6人用にもできるんでしょう。

 

全席お客さんがおられたので、店内の写真は撮れませんでした。

 

 

 

そして本日のメニューが各テーブルに置いてあり(持ち帰りOK)、これがとても分かりやすくて、選ぶときも食べるときも参考になり、楽しく食事が出来ました。

 

 

1月30日から2月11日までのメニュー。

 

金額は税別ですが、ランチは3種類となっています。

 

前菜盛り合わせと、本日のポタージュスープは3種類とも共通で、メインディッシュのみが違って、1,100円(チキン)、1,350円(ビーフ&ポーク)、1,600円(魚介類)の3つからの選択。

 

 

飲み物もコーヒー、紅茶、ジュースから選ぶようになっていて、ワイン、カナッペ、フォアグラソテー、デザート等がオプションですね。

 

 

どれも美味しそうで迷いましたが、嫁が1,350円の「ビーフポワレ シャリアビン仕立てと、豚肉の赤ワイン煮込みエリンギ茸添え」。

 

私が1,600円の「本日のお魚のムニエルと貝柱のカダイフ焼と白菜で包んだ芝エビのムースとサーモン」に決定で、飲み物は二人ともコーヒーでオプション無しにてオーダー。

 

 

フレンチカジュアル・モエで味わう、前菜盛り合わせからポタージュスープ、そしてメインディッシュに舌鼓

オーダー後10分弱で前菜の盛り合わせが運ばれてきました。

 

どのテーブルも1時からなので、みんな同じタイミングです。

 

 

 

うわ~、とてもキレイ。

 

食べるのが勿体ないようなビジュアルがいい盛り付け。

 

 

 

 

まずは右端の小鉢の、チキンのマリネとラグーレギュームから頂きます。

 

チキンのマリネの上にラグーレギューム、野菜の煮込みが乗せられています。

 

 

ピリッと辛いマリネソースが食欲を刺激してくれます。

 

一つ一つの野菜にソースが染み込んでいて、最初の一口目から美味しくて、今日は何回「美味しい」を言うんだろうって感じ。

 

 

こちらがタラのフランでしょうか。

 

 

洋風茶碗蒸しで、こちらもオリーブオイルと思われる風味がフワッと香って文句無し・・・

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

菜の花のキッシュも、色とりどりの野菜に飾られて、

 

 

素材の味が十分に引き出されています。

 

 

その隣のパンプキンサラダとりんごとクリームチーズのカナッペも、歯応え、味付けと十分に楽しめました。

 

 

この前菜だけで、あのランチの金額になってもいいとも思えるくらいの内容でした。

 

 

 

 

そして本日のポタージュスープです。

 

 

 

10種類の野菜のポタージュスープです、と持って来られましたがその10種類は分かりませんでした。

 

 

 

 

これぞポタージュって感じのトロミの付いたスープです。

 

熱々で、野菜の甘みとコンソメの味がマッチしています。

 

これは深い味わいで、もうここで満足してしまいそうなくらい。

 

 

 

そして前菜、スープと楽しんで、オーダー後45分くらいでメインディッシュの登場。

 

まずは嫁の頼んだ「ビーフポワレ シャリアピン仕立てと豚肉の赤ワイン煮込みエリンギ茸添え」です。

 

 

 

 

 

 

ビーフポワレをひと口だけ頂きましたが、ホロホロになった肉の柔らかさに、玉ネギを擦りおろしたシャリアピンソースが絡まってとても美味しかったですね。

 

 

 

 

そして私のオーダーしたメインディッシュです。

 

 

こちらも彩りといい、盛り付けで食色をそそられますね。

 

もう少し近くで見てみましょう。

 

 

 

いいんじゃないでしょうか!!

 

手前の「白菜で包んだ芝エビのムースとサーモン」から頂きます。

 

 

 

この、あっさりとした中にコクのあるソース、これはいいですね~。

 

白菜に芝海老、サーモンといった淡泊な味をコクのあるソースで包んでいます。

 

さすがフレンチ・・・・

 

 

魚のムニエルも、皮までパリパリで香ばしく、バターの味が口の中でフワッと広がってこちらも満足ですね。

 

 

最後に貝柱のカダイフ焼きです。

 

極細麺状の生地のカダイフで巻き付けられて揚げ焼きされた貝柱ですが、こちらが美味しくて写真を撮るのを忘れるほどでした。

 

 

カダイフのパリパリサクサク感に、中の貝柱の柔らかな肉質の相性がバッチリ。

 

 

 

いやぁ、本当に美味しかったですね~。

 

フランス料理に造詣が深くないので、ソースの情報とかまだまだ未熟なレベルゆえ、しっかり伝えられないことに多少のジレンマを感じますが、美味しいことに間違いはありませんでした。

 

 

 

 

 

食後のコーヒーを飲みながら嫁と話していたんですが、リーズナブルな金額に加えてこの味、食材、そして盛り付けと、満足度は今まで行った店の中でトップレベルだよねって。

 

なかなか予約も取れないほどの人気の理由が分かりました。

 

夫婦と思われる2人でやっておられるので(違ったらゴメンナサイ)、サービスが行き届く席数になっているんでしょうね。

 

 

あの前菜とスープだけでも満足できますし、1,100円のランチでも十分満足できそうです。

 

 

是非また来たいお店で、おススメしたいですね。

 

1人では入り辛いお店ですが、2人以上でお喋りしながらランチを楽しんで欲しいです。

 

Casual French MOE'T 

■ カジュアルフレンチ・モエ

 

■ 住所:岡山市東区東平島1214-10


 
■ 予約・お問い合わせ:086-297-2257

 

■ 営業時間:

<昼>11:00~14:30(L.O)
<夜>18:00~21:00(L.O)※予約のみ

<定休日>水曜日

【スポンサーリンク】
Translate:
ブログランキング参加中

記事を気に入って頂けましたら
ポチッとお願いします。

ランチブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ
にほんブログ村

ランキング参加中です

人気の岡山ランチ
最新ツイート
カテゴリー
人気のタグ
MachiTag

MachiTagと提携しました
食道楽の岡山ランチと提携

詳しくはこちら⇒ MachiTagについて

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。