中区倉田交差点から南へ車で3分 【山カフェ アネテ・アニヴェール】の季節を感じるパイスープ付きのランチが素敵に美味しい!

今日は出勤の土曜日です。

10時30分くらいまでデスクワークをして、午後からの打合わせの前にランチをしておこうと、休憩がてら少し調べてみました。

 

ラーメン、ステーキ、和食・・・・

う~~ん・・・

 

探しているうちに、行きたい店リストに入っている一軒のお店を発見!

 

 

山カフェ アネテ・アニヴェール

 

 

岡山市中区の、倉田交差点から車で南に走って約3分のところにあります。

1人じゃ入りづらいかな、ってことでずっと後回しになっていたんですね。

山カフェ アネテ・アニヴェールは、パイスープが美味しいっていう情報が入っています!

 

産業道路沿いの左側にこの看板が見えるので、すぐに分かるんじゃないでしょうか。

花屋さんもやっておられるんですね~。

 

11時30分からの営業ですが、11時15分に駐車場に到着しました。

駐車場は、敷地内に8台分のスペースがあります。

車を降りてお店の様子を見てみると、

正面のガラス張りの建物がお店かと思いましたが、こちらは10時から営業されているお花屋さんでした。

 

山カフェ アネテ・アニヴェールは、右手前の建物だったんですね~。

 

10時20分に入ってきた2台の車、3人組とお一人様でしたが車から降りて、お店の方に行かれた感じ。

もういいのかな?と私も25分に入り口の方へ行ってみました。

 

駐車場と反対側の奥が入り口になっています。

小径のようで、とてもいい雰囲気!!

大通りに面しているとは思えない、まさに隠れ家のようなカフェです。

スポンサーリンク

隠れ家のような山カフェ アネテ・アニヴェールは、すべて手作りのランチが人気!今月のパイスープは、ロールキャベツのスープ!

ドアの所に来ると、やはり先の2組の4人はもう店内に入っておられます。

「いいですか?」とドアを開けて尋ねると、とてもいい感じで「どうぞ~」って。

 

カウンターに座ろうと思いましたが、テーブルにどうぞって言っていただいたので、お言葉に甘えることにしました。

 

座席は、カウンターが3席か4席ありましたがあまり使われてない感じ。

奥に6人用の大きなテーブルが1つ、そして2人用のテーブルが3つですが、片側がベンチ式の椅子になっています。

2人用といっても、場所によっては3人座れるようになっています。

小物や書籍類もあり、明るく落ち着く店内。

 

そして、メニューがこちら。

一番人気(だと思います)の、山カフェランチ。

1200円(税込)で、パイスープ、総菜3種、サラダ、香の物、ごはんが付いています。

 

今月のパイスープは、春キャベツで作ったロールキャベツのスープ。

すべて手作りで、お米は真庭のきぬむすめ、野菜も岡山産にこだわっているみたいで安心!

 

ランチだけじゃなく、サンドイッチプレートやキッシュプレートも1050円にて、メニューにありますね。

 

アルプス、ロッキー、3スコーンズ、米粉のシフォンケーキの甘味がどれでも500円!

 

そしてドリンクとなっています。

チャイや、ほうじ茶オレが、ちょっと気になりますね~~。

 

一通りメニューに目を通して、山カフェのランチをお願いしました。

スポンサーリンク

パイ生地のバターの香りに包まれる山カフェで食べるランチが素敵な美味しさ!パイスープや総菜はリピしたくなる味!

注文してから約15分で配膳されました。

このパイ生地が焼けるバターの香りが、食欲をそそって、そそって、お腹ペコペコ・・・・・

これはいい!!

総菜3種は、左から「鮭南蛮のタルタルソース添え」「アルムの卵を使ったあんかけ茶碗蒸し」「小松菜の胡麻和え、春のポテサラ」となっています。

 

それにしてもパイスープの存在感が、かなりのもの。

バターが混じった香ばしい香り、大好きです。

 

パイ生地の真ん中をツンツンしたい衝動にかられますが、まずはサラダから頂きましょう。

大根のサラダですが、レンコンチップと一緒に頂くと、食感・味ともに最高!

大根も瑞々しく、シャリシャリと、いいですね~。

 

 

では、パイをツンツンしてみます。

おー、サクサク!

そして微かな達成感・・・小市民です 笑

 

スープも美味しいし、春キャベツのロールキャベツも肉のコクとキャベツの甘みで、超美味しいじゃありませんか!!

 

 

達成感と味に満足しながら、総菜を食べてみますね。

小松菜の胡麻和えとポテサラを頂いた後、こちらの鮭南蛮のタルタルソース和えをひと口。

フワフワで、もう一つ欲しくなる美味しさ。

タルタルソースも、これだけで食べてもいいくらいの味でした。

 

そしてコチラ。

あんかけ茶碗蒸しですが、まるでプリンのような滑らかさ。

いい出汁でホッとする味でした。

 

12時前に完食して、今日もご馳走様!

 

パイスープが思った以上の量があって、満腹です。

店の雰囲気もいいし、ランチもとても美味しく頂けました。

 

 

ちょっと入りづらいとの思いは無くなり、次からは普通に訪問できそう。

 

 

ちなみに「アネテ・アニヴェール」は、フランス語で「夏に、冬に」という意味です。
山カフェでは、「山がそうであるように、季節を問わずお越しいただけたら」…との思いを込められているようですよ!

山カフェ アネテ・アニヴェール (En été En hiver)

■ やまかふぇ アネテ・アニヴェール

■ 住所:岡山市中区江崎468-5

 

■ 予約・お問い合わせ:086-237-9202

■ 営業時間:
11:30~19:00(LO18:00)
<定休日>月曜・火曜

ブログランキング参加中

この記事が面白かったり、お役に立てましたら、是非クリックしてお知らせください。

人気ブログランキング
更なる情報のアップに力が入ります!

おすすめの記事