邑久駅から車で3分 【アルバンモー(erbenmu)】で心のこもったヴィーガン料理のランチに舌鼓!食べられるのは週末の金土日のみ!

 まだしばらくの間は平日のランチは行けそうにありませんが、その分、休日のランチは美味しいものが食べたい!

ラーメンも食べたい!!

 

そんな事を思いながら、今日のランチは、行きたいリストに入ったまま行けてなかった古民家のカフェです。

19日からお店を再開されたばかりですが、アルバンモーのランチは週末の金・土・日のみ!

 

 

 

アルバンモー(erbenmu)

ヴィーガン(ビーガン)料理のお店です。

 

岡山県瀬戸内市、邑久駅から車で3分くらいの、田んぼに囲まれた中の古民家カフェ。

 

 

人気があるお店のようなので、当日ですが今日の10時過ぎに、電話にて開店時間の11時30分に予約を入れておきました。
(予約を入れておいて正解!・・・詳細は後述)

 

10時50分に家を出て、邑久駅方面に向かいます。

そして、11時20分前に到着!

駐車場のPと矢印の看板!

こちらから入って行くとアルバンモーの正面玄関と、詰めて5~6台分の駐車スペースがあります。

 

 

こちらがアルバンモーの正面になり、写っていませんが、車がこの右側に3台停まっています。

先に1台おられて、私たちのあとにまたすぐ1台入ってきました。

 

そしてこの前に詰めればあと3台停めるスペースはありますが、移動が必要になるかも知れません。

 

 

少し離れたところに大きな駐車場もあるようですので、いっぱいの時はお店に聞いてみて下さいね。

敷地内に車で入って来るときには、駐車状況を確認してから、中まで入ってきた方がいいかな。

右上の赤いポイントがアルバンモーで、左の赤い矢印の所が別の駐車場だと思います。

お店の方に聞いた限り、この辺りになるとは思いますが、違うかも知れませんので念のために確認して下さいね。

 

 

11時30分前、どうぞ入ってくださいと声がかかりましたので、入店します。

3組同時に入店!

スポンサーリンク

ビーガン料理のアルバンモーでは「本日のDELIプレート」のランチが大人気!「有機レンズ豆のダルカレー」「菜食ハンバーガーセット」も美味しそう!

先に入って玄関と店内をパチリ!

シンプルで素敵な玄関。

 

 

思ったよりも広い感じ。

席の間隔も広く取られているので、開放感があります。

 

 

縁側の向こうに見える、長閑な風景もいいですね~。

 

 

こだわりの食材等も販売されています。

ココナッツとクルミのサブレ、大豆ミート(唐揚げタイプ)等を孫たちのために購入しました。

 

 

他の2組は縁側近くの座卓に座られましたが、私たちはこちらのテーブルに着座。

 

席数としては、4人用の座卓が3つ、2人用の座卓が2つ、4人用のテーブルが2つあったと思います。

 

 

そしてメニューですね。

開いてみましょう。

 

 

私たちは、本日のDELIプレートを2つお願いして、嫁はデザート付きに。笑

選べるご飯は、「黒米&玄米」と「白米&もち麦&キヌア」の2種類ですが、1つずつ頂くことにしました。

DELIプレート 1,390円
デザート付き  1,590円

税込だと思います(販売品と一緒に清算するも、販売品の値段が分からなくなったので、はっきりしません・・・)

 

瀬戸内産無農薬野菜を中心とした素材から作られた、肉・魚介類・乳製品等、一切動物性の食材が使われていない菜食料理。

私たちはベジタリアンではありませんが、とても楽しみです。

 

 

他のメニューは、

有機レンズ豆のダルカレー。

無農薬のレモンを絞れば、岡山パクチーの爽やかな香りとのハーモニーが楽しめるとの事。

こちらも美味しそう・・・・

 

 

名店「オぷスト」謹製のふんわりバンズを使用した、アルバンモーオリジナルのヴィーガンハンバーガー。

サラダ&スープ付です。

 

 

コチラの季節のコースっていうのも要チェックですね。

2名からOKですが、1週間前までの予約が必要。

前菜からデザートまで!特別な日に利用してみたい!

 

 

 

今日も子供さんが2人来ておられて、このお子さまプレートを頼まれていたようです。

安心して子供に食べさせられる料理なので、いいですね。

 

 

 

グルテンフリーの米粉クレープや焼き菓子等もありますし、テイクアウトも!

 

 

 

こちらも参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

アルバンモーの菜食料理の工夫が素晴らしい!ベジタリアンでなくても料理の内容に心が躍る!

注文してから15分ほどで料理が運ばれてきました。

これが全部野菜!?

 

ちょっと驚きつつ、内容の書かれたホワイトボードを見てみます。

内容の書かれ、こんなボードがあると分かりやすくてイメージもできます。

 

 

 

どれも美味しそうなんですが、注目は「車麩のかつ」と「大豆ミートの油淋鶏風」でしょうか。

 

では頂きます!

程よい酸味と優しい甘みの、食前酒ならぬ、食前ジュースのオーガニックレモネードを美味しく飲み干して、

サラダを頂いてから、車麩のかつですね。

 

 

サクサク~~。

しかしコレ、車麩って聞いてなかったら、「何の肉だろう?」って絶対に言ってるよねって嫁と話していました。

 

食感も味もいい!

 

 

それはコチラも同様でした。

大豆ミートの油淋鶏風。

コレ、肉って言われたら信じて食べてるわ・・・・

 

油淋鶏が大好きな私としては、今日一番の料理でした。

 

かなり工夫されたんだろうと思います。

 

 

これはいいな、って思ったのが、

厚揚げとチンゲンサイの中華麹和えかな。

麹が入っているせいか、野菜の持っている独特な甘みや味を感じることが出来て、思わず目を閉じた料理でした。

 

もちろん、どれも美味しかったんですが、

キャロットラペも、ニンジン本来の美味しさと、歯応えも楽しむことが出来た料理。

 

じっくり噛んで「野菜」を楽しみながら頂きました。

ご飯も嫁と半分ずつにして食べましたが、玄米&黒米も、白米&もち麦&キヌアも文句無し!

 

今日もご馳走様でした。

 

 

あとドリンクですが、私はチコリコーヒーのホット、嫁はハーブティーのホット&デザートを待ちます。

 

待ちますが、この時はもう満席になっていて相当な忙しさだったようで、20分以上待ちました。

しかし、しかしです。

この待ち時間も、この素敵な空間ゆえ、お喋りも弾んで全然待った感無しなんですね。

ただ、急いでおられる方等にはちょっと・・・・かも知れません。

 

 

そしてドリンクとデザートの登場!

このデザートは何でしょう?

 

ホワイトボードを見てみると

 

「本葛豆乳プリン 杏と柚子」

 

嫁曰く、この味は初めて・・・かなりの美味しさとの事でした。

 

 

 

このチコリコーヒーも、初めての香りと味。

独特の甘みと潔いスッキリさが、ちょっとクセになる感じ。

 

 

11時半に入店して、退店が13時でしたが店内は満席でした。

1組は予約無しで来られていましたが満席にて断念されたようです。

そんなこともあるようなので、予約しての来店がおススメ!

 

 

PayPayにて支払いを済ませて、また来たいねと話しながら帰途につきました。

 

 

やっぱり古民家は落ち着いていい!

アルバンモー(erbenmu)

■ アルバンモー

■ 住所:岡山県瀬戸内市邑久町福元355
 

■ 予約・お問い合わせ:080-1278-1250

■ 営業時間:
<金・土・日>
ランチ 11:30〜15:00
カフェ 14:30〜17:30
<定休日>
月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、第4日曜日

(Visited 176 times, 1 visits today)
ブログランキング参加中

この記事が面白かったり、お役に立てましたら、是非クリックしてお知らせください。

人気ブログランキング
更なる情報のアップに力が入ります!

おすすめの記事