ラーメン

井原市役所すぐ近く 中華そば専門店 笠北で食べた笠岡ラーメンは、庶民的な味の中に深みと美しさがある!

目安時間 10分
Pocket

【スポンサーリンク】

井原市は、年に数度しか訪れることがない地域ですが、前回来た時に食べ逃したラーメンがありました。

 

「笠岡ラーメン」です。

 

 

地理的に井原市は、笠岡市の隣ということもあって、笠岡ラーメンの店が何軒かあるんですね。

 

その中でも「中華そば専門店 笠北」という店は、井原に訪れるたびに行ってみたい店の一つでした。

 

 

仕事での井原行きが決定してから、ランチは何にしようかと前日に色々探していた結果、行ってみたかった「笠北」に決定。

 

当日、何時に行けるかっていうことばかり、仕事中に考えていました 笑
(8月28日入店)

 

初の笠岡ラーメンなだけに、どんなラーメンだろうっていう想像は、空腹になったお腹を更に空腹にしてくれていました。

 

何せ、笠岡市民のソウルフードとまで言わしめてるので余計です。

 

駐車場が無いのは分かっていたので、北側の某スーパーの駐車場に置いて、そこから徒歩2~3分。
(もちろん後で買い物しましたよ)

 

車で店まで行っても、本当に停めるところはありませんので、工夫してくださいね 笑

 

店は、道路からほんの少し奥に入ったところにありますが、店の前まで来ないと分からないかも知れません。

 

美術館の駐車場の西側になるので、迷うことはないでしょう。

 

こじんまりと佇んでいて、とても親しみやすい感じ。

 

 

 

10時40分に着いたので、1番乗りかと思いきや、すでにカウンター席に5人!

 

なるほど、10時から開店の理由はこれなんですね。

 

根強いファンが昼でなくても来るっていうのは、すごいことだと思います。

 

これは期待できそうです!

 

鶏ガラだしの醤油スープに、煮鶏チャーシューの笠岡ラーメンだけで勝負する笠北!

暖簾をくぐって入店です。

 

奥さんと思われる店員さんの、いらっしゃいませの声。

 

 

一人なので、どこに座ろうかと一応店内を見渡しましたが、迷うことなく残り2席のカウンター席、一番出入り口の近いところに座りました。

 

席は、カウンターが7席と4人テーブルが2つあり、私が入ったときは、お客さんはカウンターのみに5人でした。

 

若い男女各1人、年配の男性1人、老夫婦が1組。

 

で、メニューを探しましたが、無い!?

 

何と、メニューは壁に貼り付けられていて、「並」と「大盛り」だけという潔(いさぎよ)さ!!

 

並みが税込600円で、大が700円。

 

とりあえず並みを頼みましたが、頼んだ後で大盛にすればよかったとプチ後悔。

 

他の5人を見た感じ、女性は並みで、男性は大盛のようで、大盛は1玉半くらいかなっていう印象でした。

 

おばちゃんに「並み」を告げて、待つ間に目の前の壁の張り紙に注目!

 

 

この笠北のご主人は、笠岡ラーメンでは知る人ぞ知る、「中華そば 坂本」で修業されて、独立して井原で開業されたようです。

 

そして、よく見ると笠岡ラーメンの説明も!

 

これは読んでおきたいですね。

 

 

ラーメン通しか知らないような地ラーメンの一つか・・・・

 

これは、かなり期待できそうな予感!

 

おいてある調味料は、味の濃いのが好きな方用の素タレと一味とコショウのみ。

 

本当にシンプルです。

 

 

作り手のこだわりを感じますね。

 

 

そして注文してから約5分くらいで、待ちに待った笠岡ラーメンがやってきました。

【スポンサーリンク】

 

 

これが笠北の笠岡ラーメン!澄んだスープに盛られた麺と具材の美しさは、更に味を引き立てる!

これが、笠岡ラーメン!!

 

 

なんと!

 

澄んだ黄金色のスープに、鶏チャーシューとメンマとネギのみの具材。

 

先ほど読んだ笠岡ラーメンの説明と同じ・・・

 

とてもシンプルなのに深みのある美しさがあります。

 

見慣れない鶏チャーシューの味を確認したい衝動にかられつつ、まずはスープです。

 

 

黄金色の澄んだスープを一口・・・・

 

鶏ガラベースの醤油味が絶妙!!

濃いコクがあるのに辛くないっていうか、もう少し確認?したく、もう一杯レンゲをすすりました。

 

いい、いいぞ。

 

 

そして、いよいよこの見慣れないチャーシュー。

 

 

豚じゃありません、これは鶏のチャーシューです。

 

鶏のチャーシューは、初めての経験!

 

薄く切ってあるのは、親鶏を使っていて少し固いからでしょうね。

 

固いっていうとマイナスのイメージなんですが、そうじゃありません。

 

しっかりしているっていう表現が正確でしょうか。

 

噛むと、ちょうどいい歯ごたえと染み出る味が、これまたいい・・・・

 

噛めば噛むほど、味が染み出て深い味わい。

 

早く麺にいきたいけど、もう少しチャーシューを頂き、歯ごたえと味を少し楽しんでいざ、麺に。

 

頼んだのは「並み」で、「大」にすればよかったと思いましたが、この細麺は思った以上に丼を支配していて、大食漢でない私は、結果、並でOKでした 笑

 

 

先ほどの掲示物の説明の中に、笠岡ラーメンの麺は細麺のやや縮れ麺とありましたが、これはストレート麺だと思います。

 

私は個人的には、このストレート麺がいいですね。

 

麺を口にして、噛んで、少しスープを口に入れるっていう作業が、なんと心地いいか。

 

その合間に、箸から外れたチャーシューやメンマや葱を口の中に追加投入!

 

またまた、いいぞいいぞ、と箸が進む進む。

 

 

ここ数年糖質制限にて、麺類を絶っていた私は、今日から解放!!笑

 

本来豚骨系が好きでしたが、この鶏ガラスープもクセになること間違いなし。

 

スープまで飲み干して完食です。

 

 

先にも書きましたが、この濃いコクがあるのに辛くない飲めるスープは、一度経験して欲しいものです。

 

そして今日も、ご馳走様でした。

 

 

さて支払いにと席を立って奥に行くと、何とセルフレジ!

 

小銭と1000円札の入った箱が置いてあり、食べた分だけ払うシステム。

 

この感じだと1万円札は御法度?なので、笠北に行くときは、千円札か小銭を忘れずに!

 

 

中華そば専門店 笠北

■ 中華そば専門店 笠北

 

■ 住所: 岡山県井原市井原町323-4

 

■ お問い合わせ:0866-63-4422(予約不可)

 

■ 営業時間:10:00~14:00
16:00~19:00
定休日 金曜日

【スポンサーリンク】
Translate:
ブログランキング参加中
人気の岡山ランチ
最新ツイート
カテゴリー
人気のタグ
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。