和食

矢掛駅から徒歩7分 備中屋長衛門・お食事処 邑楽里(ゆらり)の和食ランチ「姫御膳」で、初の玄米麺体験!

目安時間 11分
Pocket

【スポンサーリンク】

10時から矢掛本陣すぐ近くで打合せがあり、終わったのが11時前だったので、今日が3回目の矢掛でのランチになりました。

 

初めての1回目が、発酵亭のテンペ料理、そして2回目は10日ほど前に、侍イタリアンでパスタを楽しみました。

 

そして3回目、今日のランチのお店は、矢掛駅から歩いて7分くらいのところにある、備中屋長衛門・お食事処 邑楽里(ゆらり)という、古民家を再利用した、和食のお店です。

 

昨日に続き、古民家のお店となりました。

 

 

何と、お向かいが発酵亭です。

 

 

ずっと洋食系のランチが続いていたので、今日こそ和食を食べたかったんですよね。

 

 

観光駐車場(無料)の「にぎわい駐車場」に車を停めて、そこから歩いて2分くらい。

 

10日ほど前に来た時とは様子が全然違い、駐車場もガラガラで、人もまばらでした。

 

やっぱりあのときは、祭りの前でイベントとかあったのかも知れませんね。

 

 

重厚感のある入口、玄関です。

 

 

 

 

 

開店の11時ちょうどに暖簾をくぐって入店です。

 

 

邑楽里(ゆらり)の玄米麺とは!?古民家の歴史ある重厚感の中で、ランチメニューを姫御膳に決定する

入店と同時に、いきなり違う時代に来たような感覚になります。

 

 

味がありますね~。

 

歴史を感じる、木の温もりさえ感じる息づかい・・・・

 

 

誰も居ない??

 

「すみませーん!」

 

と声をかけると、優しそうなおばさんが顔を出してくれました。

 

「予約してませんが、1人でもいいですか?」

 

聞いてみると、どうぞお上がりください、と中に案内してくれました。

 

 

部屋に入る前に調理場とカウンターがありましたが、テーブルのある部屋に入らせてもらいました。

 

 

 

席は、カウンターが数席と、4人テーブルが2つ、2人テーブルが3つあり、私は外の景色が見える、端の2人テーブルに着座しました。

 

 

 

庭の手入れは・・・ちょっと行き届いてない所も見受けられましたが、やっぱり庭を見ながらっていうのは、いいですね。

 

 

欄間や、箪笥等、その当時のものも置いてあったり、重厚感のある「歴史」も感じられました。

 

 

そしてメニューに目を通します。

 

 

メニューは、玄米麺のみの「やっこ膳」と、小鉢の付いた「姫御膳」の2種類になります。

 

その2種類の中で、特選美星牛玄米麺が選択出来て、デザートセットも付けることができます。

 

 

また、替え玉やトッピングもできるみたいですね。

 

 

 

玄米麺というものが、どういうものか分かりませんが、小麦を使ってないということは、グルテンフリーの麺っていうことですね。

 

食べたことが無いだけに、興味津々!!

 

 

 

せっかくの古民家、その雰囲気を十分に楽しみたいし、ここは「姫御膳」を注文しました。

 

野菜中心の小鉢5種盛後の、邑楽里(ゆらり)の玄米麺は、麺も出汁つゆも初めての味!ちょっとクセになる!?

昨日のランチ同様、畳の上に配置されたテーブル。

 

ただ昨日のイタリアンに対し、今日は「和」です。

 

BGMも琴の音が流れています。

 

他のお客さんがおられないので、とても静かで、落ち着いていい感じ。

 

日本人だなってあらためて感じます。

 

 

また、不織布のおしぼりが多い中、邑楽里は、温かいタオル地のおしぼり。

 

うんうん、やっぱりおしぼりは、これがいいなぁ。

 

 

なんて感心していると、注文後10分経たないくらいで小鉢5種が運ばれてきました。

 

【スポンサーリンク】

 

玄米麺は、この小鉢を食べ終えた後に出てくるとの事。

 

 

サラダがドレッシングじゃなくて、もろみ味噌かな?

 

これが結構いけます。

 

 

 

胡瓜はもろみ味噌で食べたりしますが、他の野菜にも合うんですね。

 

これはちょっと新しい発見でした。

 

 

久々に食べるハジカミ生姜に、適度な塩加減のサバ。

 

5種盛は、あっと言うまに平らげてしまいました。

 

 

 

そして、いよいよ玄米麺です。

 

 

パッと見は、普通のお蕎麦ですが、この玄米麺を食べに来られるお客さんも多いとか。

 

私が注文したのは、普通の玄米麺ですが、特選美星牛玄米麺にすると、700円~800円金額がアップします。

 

どう違うのか、簡単でもメニューに書いてあれば・・・なんて思いました。

 

 

「やっこ膳」なんて、倍の金額になりますもんね。

 

何も情報が無ければ、ちょっと手が出ません 汗

 

 

熱々の蕎麦やうどんには、必ずネギが欲しい私としては、ちょっと見た目に物足りないものがありますが、まずはチャーシューから頂いてみましょう。

 

 

 

混ぜることなく、そのまま箸でつまんで食べたからか、冷たかった・・・・

 

なのでちょっと脂も感じてしまいました。

 

先に熱々のスープに漬けてからの方がよかったですね。

 

 

2枚目はスープに漬けてから・・・・

 

う~~~ん、まぁこんなもんかな。

 

 

このスープというか、つゆが独特な、個性のある味をしています。

 

お店おススメの辛味噌を入れれば、更に美味しくなり、また追い辛味噌で更に更に美味しさアップです。

(個人的感想です)

 

 

 

少し山椒の味もするような気がしますが、そんなに辛くないのに汗が出て来ました。

 

 

そして、玄米麺。

 

 

 

 

 

 

この食感、なんて表現すればいいんだろう・・・・

 

自分のボキャブラリーの少なさを恨めしく思いつつも、軽い弾力&モチモチ、そして噛み切るときのサクっと感?っていうんでしょうか。

 

 

今まで経験したことのない食感であることは確かです。

 

スープ、つゆの個性が強すぎるのか、玄米の風味自体は感じられませんでした。

 

 

正直なところ、美味しい!!っていうんじゃ無いんですが、不思議なクセになる味であることには間違いありません。

 

 

スープも全部飲み干して、完食です。

 

 

 

ご馳走様でした。

 

 

スープまで飲み干したので満腹になりつつも、今回の邑楽里(ゆらり)のランチに関しては、個人的にちょっと割高感を感じました。

 

玄米麺自体が通常の麺よりも割高になるからだと思いますが、玄米麺が好きだったり、それを分かった上だとおススメできます。

 

 

 

男性だと、きっと物足りないと思えますので、替え玉や煮卵等のトッピングで調整されればいいでしょう。

 

 

 

観光スポットにもなっている矢掛の中でも、邑楽里(ゆらり)のように、古民家を再生したりしたお店っていうのは、やっぱり見て欲しいお店ではあります。

 

 

 

備中屋長衛門・お食事処 邑楽里(ゆらり)

■ 備中屋長衛門・お食事処 邑楽里(ゆらり)

 

■ 住所:岡山県小田郡矢掛町矢掛2562-1

 
■ 予約・お問い合わせ:0866-84-0333

 

■ 営業時間:

ランチ:11:00~14:00(月・火・金・土・日)
ディナー:17:30~20:00(金・土)
※ディナーは不定休。ご利用の方は、要問合せ

定休日 水曜日・木曜日(要予約 金・土のみ居酒屋営業あり)

【スポンサーリンク】
Translate:
ブログランキング参加中
人気の岡山ランチ
最新ツイート
カテゴリー
人気のタグ
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。